どんなペットを選んだら良いのでしょうか?

ペット選びはなかなか予定通りにいかないものです!

家でペットを飼おうと思ったとき、どんなペットにするかを決めるのは難しいことですよね。犬にするか猫にするか、犬なら大型犬にするか小型犬にするか、などいろいろと考えなくてはなりません。さらに、こんなペットにしようと思ってペットショップに行っても、思いもしなかった種類を買ってきてしまうこともあります。例えば、ペルシャ猫を買うつもりがシャム猫を、熱帯魚を買うつもりが金魚を、などということもありうるでしょう。でも、いろいろと考えていたことと違うことを行ってしまっても必ずしもダメとは言えないはずです。例えば本当は猫を飼いたかったのだけれど、自分の猫嫌いの家族のことを考えてハムスターにでもしようと思ってペットショップに行ったら、ある猫に一目ぼれしてしまい結局家に連れて帰ってしまったという人がいました。そして最初は猫を見て怒った家族も、そのうちに猫のかわいらしさに魅了されて今ではすっかり猫好きになっているらしいのですよ。ペット飼育禁止のマンションで犬や猫を飼うのはダメですが、ルール違反や人に大きな迷惑をかけない範囲なら予定を変えるというのも結構楽しいことかもしれませんね。

ペットショップを選ぶのも大切なことですよ。

ペットを飼おうというとき、ペットの種類を選ぶのと同じくらい、ペットショップの選び方には気をつけるべきだと思います。例えば動物たちが衛生面でも納得できる飼い方をされているか、そのペットショップの店員たちがそれぞれの動物の特徴や飼い方をしっかり把握しているかどうかということはちゃんとチェックした方が良いでしょう。ただ、安心できるペットショップを選ぶということは大切ですが、そうでないところで育ったペットでも縁があって飼うようになって、今は幸せそうにしているという例もあります。信頼できるショップで買うようにする、というのは大切なことではありますが、どこで買ったペット、どこで育ったペットでも一旦家族の一員となったものは、是非可愛がってあげてほしいと思います。

結局はペット選びは縁なのだと思うのです!

ペットを選ぶとき頭であれこれ考えても、結局は思いもしなかったパターンになってしまったというのはよくあることです。これは人間の場合にも言えますが、だからこそ出会いというものは面白いし、味のあるものだとも言えるのでしょう。現在わが家にいる文鳥も、はじめは別の小鳥を飼う予定だったのですが、ある店員さんは性格が良いと言い別の店員さんは良くないので勧められないと言ったので、軽い気持でどっちが本当なのかを確かめてみようと思い、手に乗せてもらいました。そうしたら素直に乗ってくれたので、すっかり気に入って買うことにしてしまったのです。そして今、この文鳥は毎日楽しそうに歌いながら、私たち家族を幸せな気持ちにさせてくれています。ペットとの出会いはやはり縁だと思います。勿論いろいろな知識や情報を集めることは必要ですが、最終的には「この子が良い!」という自分の直観を信じることが大切かもしれませんね。

ペットショップの場合、様々な種類の生き物を取り扱っており、素敵なペットとの出会いが期待できます。また、飼育方法などのアドバイスも受けられるため、初心者でも安心して購入できます。