時計は時刻を知らせるだけのものではありません

町のシンボルとしての花時計

昔から時を知らせるには様々なものが、時計のかわりに工夫されて市民に知らされてきました。それはお寺の鐘であったり、消防のサイレンもありました。そうして、今なお町のシンボルとして残されているものに「花時計」があります。町の小高い丘の斜面を利用して、大きな長針と短針が回り、時計版には季節の花を花壇として植えられています。観光で訪れる人たちに、地形を知らせる地点とともに、遠くから一目で時間を知らせる役割を担っているのです。

お洒落な砂時計は飲み物を楽しくさせてくれます

食卓のファッションとして砂時計があります。時計は時刻を知らせるだけのものではありません。紅茶の飲み頃をしらせる小道具としても活用されているのです。壁に掛けられた時計の針を気にしながらでは、あまりにもムードがありません。小さな砂時計を反転させ、その砂の落ちる様を眺めているだけで癒されるものです。砂時計は100円ショップでも売られていますが、海外に出かけた時などに荷物にもならないので買っておくと、より話が弾むものです。

腕時計をしないお洒落

腕時計はビジネスマンにとって必須の小道具となります。時間刻みに仕事を進めるには欠かすことができません。時と場所、相手によって腕時計を変えて商談に望む人もいるくらいです。ところが、この肌身離さずの腕時計を外すお洒落感覚があるのです。このお洒落は時間の拘束から開放される最も贅沢なものです。恋人と会う時間くらいは、時間を気にしないで過ごしたいもので、この時には、携帯電話なども置いていくだけの自由さが必要なのです。

タグ・ホイヤーは、優れた機能性と共にお洒落なデザイン性も魅力となっており、デザイン性を重視した時計選びの際に最適です。