七五三の晴れ着は買うべき?それとも借りるべき?

七五三のお祝いの晴れ着を和装にするなら…

子どもの健やかな成長を祝う七五三のお祝いは、家族にとっての大切な節目ですね。そんな七五三のお祝いに欠かせないのがお参りに着ていく晴れ着です。せっかくなら、男の子は袴、女の子は着物の和装スタイルでお参りも写真撮影も行っておきたいと思う人が多いようですが、その晴れ着を買うか、レンタルするかで迷う場合が多いようです。そこでどのような人が購入に向いており、またどのような人がレンタルに向いているのかを考えてみました。

着物を購入するのに向いている人の条件は?

まず、購入するのに向いているのは、着物の着付けができる人が近くにいるという場合です。子どもの七五三の着物の着付けはそう難しいものではありませんが、やはりある程度は着付けの経験がないと着物を着せてあげることが難しくなります。また、子どもが複数いる場合は同性の兄弟がいるということも購入した方がよい条件になります。レンタルで借りられるようなポリエステル生地の着物であれば価格もお手頃ですので、2人以上が着るのであれば、購入するほうが経済的にもお得な場合もあります。

レンタルすることで受けられるサービスもある

次にレンタルをした方がよいと考えられるのは、先に述べた条件とは逆に兄弟の性別が分かれている場合です。この場合はレンタル衣装のお店や写真館でレンタルするほうが金銭的にもお得ですし、サービスで着付けなども行ってもらえる場合もあります。ですので、着付けに自信がない人もレンタルするほうが当日の着付け心配をしなくて済むでしょう。このように七五三の晴れ着は子どもの性別や着付けの必要性によって、買うか、レンタルするかを決めればいいのです。迷ったら、親が心配ないと思えるほうを選ぶようにしましょう。

七五三とは7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う年中行事です。近くの神社などに行き家族で写真撮影をするスタイルが多いです。